--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

06

Category: その他の絵・雑記

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

私立菟島女学園
相方の七緒さんが今週ちょっと出かけてるので
いない間になんか反応に困るものでも描いて
帰ってきた七緒さんに「もう!きりんさんたら何やってるの!」と
盛大に罵ってもらおう!と思い

toshima03+
咎狗キャラを幼女化してみた。

追記から各キャラのラフとわりと痛い学園モノ設定笑


●アキラ
1206-01b.jpg
「わたしが…一緒にいようか?」

2年生。謎の美女教師エマ先生の陰謀により
「私立トシマ女学園」に転校させられた不運な少女。
何か目的があるらしいがそれについては黙して語らない。
常につけているヘアピンの裏には不思議な文字が書かれていて、
誰かにもらったものらしいがよく覚えていない。
ツンデレなので人当たりが基本ハードなわりに
妙にモテるので正直困惑している。

●ケイスケ
1206-02b.jpg
「アキラちゃんがいないと、わたしっ…ふえぇ」

2年生。なぜかアキラにくっついて転校してきてしまった幼馴染み。
かなりクセのある髪の毛を毎朝苦労してツインテールにまとめている。
泣き虫でドジッ子で不器用でネガティブだが、心優しい頑張り屋さん。
辛いものが好きで、彼女の作る手作りお菓子は総じて暴力的なまでに辛い。
縞パンをはいている。何もないところでよく転ぶのでほぼ見せパン状態。

●シキ
1206-04b.jpg
「脱ぎなさい。早く、全部」

3年生。容姿端麗成績優秀の完璧超人。ただひとつ貧乳だけが悩み。
お嬢様育ちのため、やや常識を逸脱した言動が目立つものの
非常に高いカリスマ性を持ち、生徒から絶大な人気を得ている。
剣道部の部長で、練習の際のドSっぷりには定評があり
彼女に虐められたいと密かに思う生徒も少なくないと言われている。
アキラに妙に興味を持っているようだが、理由は不明。

●源泉
1206-07b.jpg
「なんでも聞いて?おいちゃんが教えてあげるよっ!」

3年生。売店の娘だが、個人的に学園の生徒向けの情報商材を取り扱っており
その内容はテストのヤマから噂の真相まで様々。
面倒見が良く、他の生徒から悩み事の相談をされることが多い。
情報集めにかまけているせいか、服装や髪型はややだらしないが
実は乙女チックな小物や可愛いお菓子が大好き。

●リン
1206-05b.jpg
「ちょうだい!それ、リンに必要だから♪」

1年生。下級生ながら、転校してきたばかりのアキラ達に何かと世話をやく。
2つのリボンがトレードマークで、何種も持っているらしい。
シキの妹だが、なぜか異様なまでに姉を毛嫌いしている。
源泉に懐いていてよくつるんでいるが、先輩にも関わらず
名前を呼び捨てにするクセは何度注意されても直らない。
怖いもの知らずの度胸を持ち、好奇心だけでどんどん行動してしまう弾丸娘。

●キリヲ&グンジ
1206-06.jpg
「厳重ちゅ~い~、いっちゃう~!?」

2年生。あまりの素行の悪さに誰も手がつけられなかったので
逆に風紀委員に指名してみた所、学園の治安はある程度改善したが
基本働かないのに気が向いた時だけ適当に厳重注意をしまくるという
史上最悪の風紀委員が誕生してしまった。
常にブルマ(指定体育着)を着用している。
キリヲは屋内でも下履き、グンジは屋外でも上履きのまま。

●アルビトロ&狗
1206-08.jpg
「すばらしいっ!ですわ~♪」

3年生。風紀委員長。高飛車で気が強い。
常に着けている仮面をはずすと美少女だが、
外すとシャイで気弱な本性が表れるため、人前では絶対に仮面を外さない。
美術部に所属しているが、前衛的な作風は教師にも理解不能。
ペットの狗は一見ただの犬耳幼女だが、
実は風紀委員の事務はほぼ彼女がやっている。
キリヲとグンジを身ぶりのみで一喝したり
ノート作りや代返といったアルビトロの個人的な用件まで引き受けている。

●猛
1206-03b.jpg
「お姉ちゃん、がんばるからね…!」

妹思いの優しいお姉ちゃんだが、
いかんせん格好が派手なので風紀委員に目をつけられている。
(校則違反だからというより、単に目立つので覚えられてしまったらしい)
クロスの髪飾りはとっても大事なものらしい。
妹と重ねているのか、リンに対しては妙に優しく
誰も見てないときにこっそりお菓子をあげたりしている。
紐パンをはいている。

●n
1206-07a.jpg
「これも、全部、運命なの…」

3年生。不思議な雰囲気を持つ美少女。
神出鬼没で、出会った生徒に不思議な謎かけをする事で知られている。
長くてふわふわの髪は美しいが、身なりには無頓着なのか
わりとよくいろんな所に髪の毛をひっかけて困っている。
「飼育小屋のウサギに向かって話していた」
「校庭の木に登って昼寝していた」など
奇妙な目撃談が多く、またそれらはほぼ真実である。
「~なの」口調で話す。


ひとりひとり書いたら無駄に長くなった!
ここまで読んでくれた奇特な方、ありがとうございますそしてすみません
スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。